S.M.A.R.T.® Vascular Stent System

Setting the Gold Standard for Self-Expandable Stent Design

“優れた開存” と“豊富な臨床実績 豊富な臨床実績” を支える独自のステントデザイン

マイクロメッシュデザイン

きめ細かなセルがプラークの突出を抑制すると共に、 屈曲部位に対しても血管壁に沿って密着し、 十分な内腔保持を実現します。

フレアード エッジ

両端にフレアを保持することでステント展開直後の 素早い血管壁への圧着を実現し、 かつ他のデバイス挿入の妨げになる リスクを低減します。

36本のストラット

円周に細かなセグメント構造を有し、 均一な拡張と十分な 内腔保持を提供します。

6つのブリッジ

特有の交互配列により軸方向に対する 高い安定性を発揮し、 360度均一な内腔保持を実現します。

Peak-to-Valleyデザイン

ストラットの毛羽立ちを防止し、スムースな内腔を実現します。

“内腔確保”に重要な3つの要素

Scaffolding

内腔支持構造はセルサイズの均一な配置によってもたらされます。

Longitudinal Stability

より良好な軸方向への安定性は留置時のステント伸展のリスク減少に寄与し、 留置精度を高め、意図するラジアルフォースと内腔保持をサポートします。

Radial Resistive Force & Chronic Outward Force

抵抗力(RRF)はステントが圧縮に抵抗しようとする力であり、拡張力(COF)は方向に向かって血管壁に作用し続ける力です。

一般的に、高いRRFと適切なCOFは内腔保持に寄与します。

Kenji Suzuki,et al. Circ J 2011; 75: 939-944